注射による痩身

Pocket

次に脂肪溶解注射を紹介します。これは痩せたい部分に薬剤を注射することで脂肪やセルライトを溶解させ、自然に排出することで痩身を目指す方法です。注射だけなので顔などの細かいパーツにも適しています。

また、この方法はセルライトも除去できるので太ももなどセルライトの気になる部分にも適しています。薬剤はもちろん安全なものですが、原料に大豆由来のものを使用しているので大豆アレルギーの方は受けることができません。これも脂肪吸引と同様細胞を消すのでリバウンドはしにくいです。一回の施術時間は5分から10分と短く、注射するだけなので入院も必要ありません。ですが2週間に一度ペースで数回施術を行わなければなりません。この方法は時間をかけて痩身していくので周りから気付かれにくく自然な痩身ができます。これもまた細胞が破壊されるのでその際に痛みや腫れが起こる可能性がありますが、脂肪吸引よりは軽いもので済みます。

ふくらはぎが気になる方の原因は脂肪が多いというものと筋肉が多いという2つがあります。脂肪が多いタイプであれば吸引、注射が適していますが、筋肉が多いタイプの方はボトックス・ボツリヌストキシン注射という方法があります。これは筋肉の動きをたんぱく質により和らげ、一時的に使わなくさせることでふくらはぎを細くする方法です。これも注射だけなので一回の施術は10分程度です。効果は半年から1年で注射を繰り返すことで効果は増していきます。

管理者