最新痩身技術

新しい痩身技術として、Xcell(エクセル)やリポセル、i-lipoXcellなどがありますエクセルはダイオードレーザーというものを痩身部分に照射することで脂肪を燃焼する体の反応を起こし、体外に排出する方法です。さらにラジオ波も当てることでたるみを引き締めます。またエクセルはこれだけでなくバキュームマッサージをすることでリンパの流れをよくし、脂肪の排出を促します。その日のうちに効果が見られ、痛みもダウンタイムもほぼ無いのに効果の大きな施術方法です。この方法は他の施術とは違い、施術直後に運動することで脂肪の燃焼が効率よく行えるので運動を行うことが推奨されています。

リポセルは超音波による痩身方法です。超音波により熱を発生させ、それにより脂肪細胞を70℃にすることで細胞ごと破壊します。体内を70℃にしますが、独自のクーリングシステムにより、痛みはほぼありません。

i-lipoXcellはエクセルと同様にダイオードレーザーを照射し脂肪を排出、バキュームマッサージでリンパの流れを良くします。こちらは高周波を当てることで脂肪排出のための代謝を良くし、さらにセルライトも除去できるのでたるみ、引き締めに効果があります。

注射による痩身

次に脂肪溶解注射を紹介します。これは痩せたい部分に薬剤を注射することで脂肪やセルライトを溶解させ、自然に排出することで痩身を目指す方法です。注射だけなので顔などの細かいパーツにも適しています。

また、この方法はセルライトも除去できるので太ももなどセルライトの気になる部分にも適しています。薬剤はもちろん安全なものですが、原料に大豆由来のものを使用しているので大豆アレルギーの方は受けることができません。これも脂肪吸引と同様細胞を消すのでリバウンドはしにくいです。一回の施術時間は5分から10分と短く、注射するだけなので入院も必要ありません。ですが2週間に一度ペースで数回施術を行わなければなりません。この方法は時間をかけて痩身していくので周りから気付かれにくく自然な痩身ができます。これもまた細胞が破壊されるのでその際に痛みや腫れが起こる可能性がありますが、脂肪吸引よりは軽いもので済みます。

ふくらはぎが気になる方の原因は脂肪が多いというものと筋肉が多いという2つがあります。脂肪が多いタイプであれば吸引、注射が適していますが、筋肉が多いタイプの方はボトックス・ボツリヌストキシン注射という方法があります。これは筋肉の動きをたんぱく質により和らげ、一時的に使わなくさせることでふくらはぎを細くする方法です。これも注射だけなので一回の施術は10分程度です。効果は半年から1年で注射を繰り返すことで効果は増していきます。

脂肪吸引

まず初めに脂肪吸引をご紹介します。脂肪吸引はもちろん基本的にはどこのパーツでも行えますが、一度の施術で大量の脂肪を吸い出すことができるのでお腹やお尻など大きなパーツに適していると言えます。通常のダイエットでは脂肪細胞の数を減らすことはできないために一度減った脂肪が再度その細胞に蓄積されていくことでリバウンドしてしまいます。

しかし脂肪吸引では脂肪細胞ごと物理的に取り除いてしまうので脂肪がたまるところが少なくなり、リバウンドがしにくくなります。脂肪吸引はカニューレと呼ばれる2~4mmほどの細い管を皮膚の下に入れて行います。カニューレを入れるために体にメスが入りますが、細い管を入れるためだけなので傷口は小さく済みます。止血剤や麻酔薬などが入った溶剤を注入し、血管の保護や脂肪の軟化を行うものやジェット水流を噴射し細胞を分離するもの、ベイザー波という振動エネルギーを与え脂肪を乳化させるものなどがあります。

一回の施術は30分から120分程度で入院の必要はありません。しかしカニューレが皮膚の下を何度も往復するので施術部分が広く腫れやすく、ダウンタイムが比較的長いことが欠点といえます。また脂肪を取りすぎてしまうとたるんでしまうことや、不自然な段差ができてしまうことがあるので注意してください。

美容整形による痩身

多くの人が持つ運動や食事制限をせず、簡単に痩せたいという願いをかなえてくれるのが美容整形による痩身です。美容整形による痩身は通常のダイエットとは違い、リバウンドすることが少ないのが魅力です。美容整形での痩身というと脂肪吸引が有名ですが脂肪溶解注射など体にメスを入れずに痩身を行えるものも様々なものがあり、そしてそれぞれにメリット・デメリットがあります。

美容整形による痩身は好きな部分の脂肪を大幅に短時間で減らすことができます。しかしどんな施術方法をとったとしても腫れや痛み、内出血が多少起こることがあります。一般的にはこれらが収まり、通常通りに生活が出来るようになるまでの時間(ダウンタイム)が必要です。施術を行う際にはこのダウンタイムもスケジュールにいれて計画を立てなくてはなりません。また、施術方法によって効果の程度は様々です。傾向としてダウンタイムの長さに施術の効果は比例します。更に美容整形による痩身は医師によって行われるものですが肥満症の解消のためなどの判断がない場合は美容を目的とするので保険適用外となり、料金が高額になる可能性があります。よって施術を行うときは自分がどの部分をどのくらい減らしたいのか、効果や自分のスケジュール、予算料金などを施術医師と相談することが必要です。

これらを踏まえて、貴方のお好みの施術方法をお探しいただけるようにこのサイトでは様々な点から美容整形による痩身の種類を紹介します。